桑原 美恵子

 

色彩家

彩遊楽(さゆら)主宰

 

1990年より、フリーランスで活動。
 美容関連企業や専門学校にて色彩教育、カラーコンサルティグなどを行う。
 心の言葉を色彩に映したかのような彩遊和紙を生み出す。
 色彩を通して自分の本質の色と出会い、人生を豊かに彩ることを願い、創作活動の傍ら様々な色彩講座を開いている。 
静岡県在住。

<作品展ほか>

2012.11  グループ展「十一蓮美」@横浜AAAギャラリー

2013.04  作品展示販売@東急ハンズ渋谷店「ハンズ・ギャラリーマーケット」
2013.05
  作品展示@下北沢 polepoleなぎの森
2017.06
  共同個展@浜松 ギャラリーそれから

2018.07  Love&Art 平成307月豪雨災害 復興支援チャリティー 原画販売2018

2018.09  Love&Art チャリティー "エール" for よみがえる大地北海道 原画販売2018


 

彩遊和紙
彩遊和紙

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 <ごあいさつ>

 

HPにお越しいただきありがとうございます。

 

こどもながらに、「自分に何ができるのか」「わたしの可能性は?」と思っていました。

そして18歳のとき、「今、自分の人生の行き先を決められない」と考え、

大学に進んでもう少し自分を見つめるために東京へと出て行きました。

 

 

私が就職活動をした頃は、「4年生の大学を出た女はつかえない」と言われました。

大学をでて2〜3年勤めて仕事を覚えた頃に結婚して退職してしまうから…。

そんな風に思われていた時代だったのです。

 

ならば、「女性であることがいかせる仕事を!」と化粧品の世界に飛び込みました。

そこでわたしは、販売する方への指導を通し、女性が自分らしさを表現し、

より魅力的に、いきいきとしていく姿をたくさん目にしました。

 

そんな暮らしの中、30歳を迎える前に、「アメリカで生活してみたい」と思ったことから
導かれるように「色」と出会い、気づけばそれが仕事になっていきました。

 

 

「色で人の魅力を引き出したい!」

「色の楽しさ、不思議さを伝えたい!」

 

 

そんな想いで活動をする中で、自分の色の世界が広がるとともに、
色の使い方ひとつで、誰もがより魅力的になり、意識も変わっていくことを実感しました。

 

 

色って面白い。

色って不思議。

 

その魅力を感じつつも、仕事の忙しさから体調を壊しかけ、精神的にもつらい時期がありました。
そのとき自分を整えるためにはじめた気功。

 

からだが整っただけではなく、『生きる智慧は自分の中にある』ということを、

そして自分はいつのときも、大いなるものに守られて今ここにあることを実感させてもらいました。

 

 

人生は気づきの連続。

それは自分自身にあたえられているものと、それを支えてくれる見えざる世界の豊かさを体感していくこと。

 

その楽しさと喜びを、みなさんと分かち合いたいと思って「彩遊楽」の活動をしています。

どうぞよろしくお願いします。

 

 

また、考えに共鳴していただけた方とワークショップ、イベントなどの開催ができたら

素敵だなと思っています。

よろしかったらお声がけください。

 

感謝とともに  

 

 

彩遊楽  桑原美恵子

 

 

 

 

 

 

  <彩遊楽の場所>

静岡県西部

 「遠州のからっ風」といわれるように風が強い地域。

静岡だから温かいと思われがちですが、冬は風が冷たいです。

 

それでも海も山もあり、温暖な気功に恵まれて、

みかん、お茶、メロンなどなどおいしい食べ物がいっぱい。

 

のどかな地域でゆったりワークを開催中。

そのほか神奈川県川崎市でも定期的に開催しています。

 

 またご要望に応じて、全国どこでもワークも承ります。

お気軽にお声がけください。