彩遊楽のブログ http://ameblo.jp/sayura-ironomahou/

 

各種ワークの様子や日々の暮らしの中で感じたこと、人とのつながりなどを綴っています。

パステル曼荼羅アート、点描曼荼羅、ハートの曼荼羅の作品も随時紹介しています。

 

 

 

<新着記事> 

  

幸せはどこにある?
我が家は平々凡々。何かに「なる」ことを考えている人は誰もいない。 自らが選んだ仕事を全うし、そこで何が起きても「続ける」ことを前提にあらゆくことに取り組んでいく。 家族で食卓を囲み、たわいもない話をしながら今日という一日が終る。 どうやって生きていこうか…。自分のやりたいことが見つからない。自分に何ができるだろう。 そんなふうに悩んだりはしていないように見受けられる。 平穏に日々が過ぎていくことがあたりまえのようであり、ありがたくもあり…。 幸せって何だろう? 豊かさって何だろう
>> 続きを読む

自分の赤ってどんな赤?
先日開催した「虹色曼荼羅交流会」。 テーマの「赤」 その色を「思ったとき」と実際にその色を使ったときに見えてくるものがちょっと違っているのが面白かった。 その様子はこちらhttp://ameblo.jp/sayura-ironomahou/entry-12276995511.html わたしにとって「赤」は 目立つ、強い、エネルギッシュ。 そしてそれは決して心地よい印象ではないんです。 実は、わたしは「お祭り騒ぎ」が苦手。みんなが熱をもって、ぐわ〜〜と盛り上がっていくと、なんか引いてし
>> 続きを読む

赤の曼荼羅
昨日は浜松で「虹色曼荼羅交流会」でした。 この交流会ではみんなで曼荼羅アートを描きながら、「色」を感じ、色の持つ意味や自分との関係をみつめていきます。 この色好き!これが苦手…。そんな向こうにどんな想いがあるのでしょうか。 今回のテーマは「赤」 0 false 10 pt 0 2 false false false $([\{£¥‘“〈《「『【〔$([{「£¥ !%),.
>> 続きを読む

今朝の気づき
ただいま自動改札を通って、切符のおとり忘れのお客さまいらっしゃいます。お心当たりの方がいらっしゃいましたら…。ふ〜ん…。あ!もしや…。はい、わたしでした!いつもはICカードを使っているけど、今日は訳ありで切符だった。切符なんてしばらくぶりだったこともあるだろうけど、自分ではそうと意識できないままぼんやりしてたってことだ。こういう時は要注意。トラブルが起きる可能性有り!人間だから、調子のいい時も、悪い時もある。そのことをどうこうするのではなく、 自分の状態に気づいている、目覚めている。そこが大事。
>> 続きを読む

清里氣功合宿③ からだという宇宙
合宿3日目。前日の雨の名残。 降っても、晴れても、どちらも気持ちいい。 雨の後は空気が静かですね。 午前に吐竜の滝へ。ここはお天気が許せば毎回行くところ。 木々の緑を浴びながら辿る滝までの道も最高です。   岩場で川の流れに向かって瞑想。 水音がからだの中にも響き、ふとした瞬間に自分の中から響きが生まれるのを感じ、それを声に出してみました。 小宇宙。わたしたちは宇宙の映し。 外に何かを求める前にもっともっと自分のからだに聞いてみたらいい。 理解し得ないほどの智慧がこのわたしの中につま
>> 続きを読む

清里氣功合宿② わからないまますべてを受け取る
合宿2日目、雨。外に行けないから室内でみっちり練功。 今日は人とつながっていく。 相手に飛び込み、相手の輝きを最大限に広げ、相手からやってくるものを感じ、観じる。 このことを言葉で説明するのはとても難しい。 「理解」をしようとせず、なにかを「わかろう」とはせず、ただ、感じる、観じる。 決して「わかろう」としないことが大事。なぜなら「わかろう」とした瞬間、それは姿を消してしまうから…。 わたしたちは日頃、いろんなことをわかろう、わかろう、としています。 わかったと思えれば「安心」します。
>> 続きを読む

清里氣功合宿 ① 自然の力
合宿の始まり。美しの森で練功しながら浮かんだことばは 「風と喜び」 からだを吹き抜ける風が心地いい。 これだよね〜〜! からだが喜んでいるのがはっきりわかる。 そして周りの木々に意識を向けると、自然に笑みが浮かんできました。 わたしたちは頭でいろいろなことを考えて、迷ったり、悩んだり、苦しい思いをしたりするけれど、 そのひとつひとつを抱えたままでも、氣の感覚に委ねて意識をふっと自然に向けてみれば 自分の大きさや深さを自然と感じることができます。 大丈夫。 またそこから一歩を踏み
>> 続きを読む