彩遊楽のブログ http://ameblo.jp/sayura-ironomahou/

 

各種ワークの様子や日々の暮らしの中で感じたこと、人とのつながりなどを綴っています。

パステル曼荼羅アート、点描曼荼羅、ハートの曼荼羅の作品も随時紹介しています。

 

 

 

<新着記事> 

  

つらい時こそ来てください!
『ちょっとショックなことがあって、 精神的につらかったので、 今日は氣功レッスンに参加するのやめようかと迷ったんです…。』 いや、いや、いや…。そんなときこそ、来てください! 体調がすぐれない時も同じです。 そんなときこそ、来てください! もちろん、熱があるとか、症状があって動けないとか、そんな時に無理してまでということではありません。 ゆるゆるっとからだを動かして、からだも心もほどいていくとこころもからだも落ち着きを取り戻します。 それがわたしたちの自然。 静かになりま
>> 続きを読む

いつのときも、どんなときも
自分にできることは何?自分にしかできないことは何? 若い時から、そんなことを考えていた。誰かの影響を受けた訳でもないのに。 それは、特別な何かになりたいということではなく、「自分をもっと知りたい」そんなことだったような気がする。 美容に関わる仕事についたときも、注目のタレントさんのイメージに近づける とか、 「こうなりたい」というその人の理想に近づける,ということには正直興味は持てなかった。 あなたの個性を生かすメイク、装い。 それをもっと探求してみませんか? という想いの方が、断
>> 続きを読む

虹色曼荼羅交流会 10月のテーマ:緑
「虹色曼荼羅交流会」 虹色曼荼羅会では毎回「色」をテーマに、色の持つ意味や自分との関わりをみつめ、それを曼荼羅アートに現していきます。 いつの間にか陥ってしまう自分のパターン。抜け出したいと思っても、どうしていいかわからない…。 でも、そんなとき、人がいてくれることで、 ああ、そうか、そんな考え方もあるんだな。それって,面白そう。 そんな風に刺激をうけると、自分が「壁」と思っていたことが案外すんなり進む道が見えてきたりします。 どの先生のもとで習った方でも大歓迎。垣根はありま
>> 続きを読む

点描曼荼羅:大きく開いて
2つの方法で曼荼羅を描いています。 通常は円と円、円と線の重なりからうまれる図形を拾い上げる方法。 もうひとつは、今回のように自分で型を作って放射状に描く方法。 前者では、行く先を考えるとうまくいかず、今、目の前に見えてくるものに意識を集中していきます。 その時々に選び取るもので見える風景が違ってきます。 そして、曼荼羅に流れる「秩序」に自分がどう添っていけるのか…。 後者は、自分で好きな形をつくり、放射状にその型を繰り返していきます。 どんなカタチにしよう? そんな自分への問いか
>> 続きを読む

秋がきた
夏の間は暑さにめげて散歩もさぼりがち。 何となく慌ただしかった9月。関東への出張を終え、やっと一息ついた感もあり、ひさしぶりにいつもの散歩道へでかけました。   秋ですね。 暑さ、寒さも彼岸まで。 よくいったもので、その通り、陽が沈む早さも、夕方の風も秋の訪れを確と伝えてくれました。 時の過ぎる早さに驚く日々。 先のことに思い馳せていれば今という時を失いかねない勢いです。 今目の前にあることをまずはていねいに、慈しんで取り組んでいく。 そんなことを心がけていこうと思った一日の始ま
>> 続きを読む

思ったことにはなりません(笑)
9月18日(月・祝)、川崎で光の点描曼荼羅「はじめの一歩」開催でした。 「はじめの一歩」といいつつ、何度でも受講可能なこのワーク。今回は2回目、それ以上の方が集まったので、はじめの一歩の内容をふまえて、ご自身で下図作りをしました。 すると、 台形、使いたいです! との声が…。 台形 … 四角、三角などのカタチを使うことが多く、台形という発想がなかったわたしはビックリ! もちろん、ありです! ほかにも、わたしの想定した枠を飛び出した方も…。(笑) 人ってホントにありがたい。
>> 続きを読む

軽やかに、人生の扉を開きましょう
シンギングボウル&曼荼羅アートコラボ チャクラワーク「人生の扉を開く7つの鍵」 9月17日、川崎で開催しました。 今回のテーマは 「地に足つける」 このワークに正解はありません。だって、 「生き方」に正解なんてないのだから…。 だからこそ、内なる声にていねいに耳を傾けることが大切です。 「ことば」の力を使って、ぼんやりしている自分の想いや気づかずにいた価値観やとらわれなどをあぶり出していきました。 着実、誠実、確実重心を下げる自分の軸自然とのつながり 人それぞれの「地に足つけ
>> 続きを読む