ブログ 彩遊楽 〜色の魔法&曼荼羅アート〜
http://ameblo.jp/sayura-ironomahou/

 

 

各種ワークの様子や日々の暮らしの中で感じたことなどを綴っています。

パステル曼荼羅アート、点描曼荼羅、カラーアートなどの作品も随時紹介しています。

 

 

 

<新着記事> 

  

感じるままを表現しよう with 点描曼荼羅
どんな曼荼羅になるんだろう♪ 毎回、毎回、ドキドキ、ワクワクする点描曼荼羅。 8月24日(金)、川崎で「光の点描曼荼羅 はじめの一歩」開催します。 「はじめの一歩」では基本になる図形を土台にしてご自身で感じるままに曼荼羅を描いていきます。 曼荼羅はわたしたちの気持ちに添うように手を入れるたびにどんどん変化していきます。 行く先がどうなるかが自分でもわからないまま、ドキドキ、ワクワクしながら、夢中になってテンテン。 そのプロセスで起きる気づきがとっても面白い。 今の自分の状態が自然に
>> 続きを読む

人生を開く7つの鍵:判断を超える
シンギングボウル&曼荼羅アートコラボワーク「人生を開く7つの鍵」8月26日(日)、川崎で開催します。 今回のテーマは「判断を超える」 わたしたちは日々の暮らしの中であらゆる場面で何かを判断し、選び、行動しています。 それは、生きてきた中で得た情報や価値観を土台にしたものです。 けれども、その情報や常識、価値観はともすれば、わたしたちがもつ本来の姿からはとても遠く、せまいところにあったりします。 判断をこえた魂からの気づき。 それは、意味が分からなくとも涙があふれてきたり、いいよう
>> 続きを読む

みまもり曼荼羅 No.4:微笑んで
つらいときは思いっきり泣いて、悲しい時も、思いっきり泣いて、 落ちついたら微笑んでみる。ちょっとだけでも…。 そしたらね、こころがふっとやわらぐから。 ============================== Love & Art 西日本豪雨災害 チャリティーアート企画〜西日本豪雨災害の復興をアートで支援しよう〜 アーティストにとって作品は愛そのもの。作品に込められた愛は見えない力となって、人の心を動かし、勇気付け、人の心や社会全体に、夢や可能性をもたらしてくれます。私たち
>> 続きを読む

聖人になれる?
氣功を長くやっているから、イライラしたり、苦手な人がいても平気になれるんですか? 時にそんなことを聞かれることがあります。 ん〜〜〜。。。。わたしは未だそこには至りません! 嫌だな、  って思うこともいっぱいあるし、ありえない って思うこともたくさんあるし、苦手だな  って感じる人もいます。 ただ、以前と変わったことがあるとしたら、そのことに巻き込まれにくくなったかもしれないということ。 昔は、嫌だな〜って思うことがおきたりすると、 なぜ? どうして? と、ともすれば相手や出来事の中
>> 続きを読む

復興支援チャリティーへの想い その2
Love & Art 西日本豪雨災害 チャリティーアート企画〜西日本豪雨災害の復興をアートで支援しよう〜 みなさまから早々に作品希望のご連絡をいただきありがとうございます。 みなさまの温かいお気持ちにふれ私が幸せをいただいています。 今回、作品をお求めいただいた方のお声を追加でご紹介させていただきますね。 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 見ていて心が暖かくなる曼荼羅なので購入を決めました。 ここ数年、各地で災害がある度に「ボランティアで現地に行きたい」
>> 続きを読む

Love & Art 西日本豪雨災害 復興支援チャリティー原画販売(点描画)
Love & Art 西日本豪雨災害 チャリティーアート企画〜西日本豪雨災害の復興をアートで支援しよう〜 アーティストにとって作品は愛そのもの。作品に込められた愛は見えない力となって、人の心を動かし、勇気付け、人の心や社会全体に、夢や可能性をもたらしてくれます。私たちは、絵画やイラストや写真などの作品を通して、西日本豪雨災害復興を支援することを目指しています。 ☆この企画の想いはこちらから  https://ameblo.jp/ohisama-niko-niko-korisu/entry-1
>> 続きを読む

ありがとうと喜びを廻らせる
昨日、「Love & Art 西日本豪雨災害 復興支援チャリティー原画販売」への想いということで記事を書きましたが、  今回のこの企画を立ち上げてくれたmakiさんが、その想いを綴ってくれました。 自分では言葉でうまく表現できなかったけれど、makiさんのブログを読みながら、あらためて、 うん、うん、そうなの、そうなの! と、またまた自分の気持ちを確かめました。 そして思ったのです。 ありがとうと喜びを廻らせる。 それは復興支援だから特別に…。ではなくて、 わたしにとっては曼荼羅ア
>> 続きを読む