自分とつながる曼荼羅アート

 

 

パステルで描く『曼荼羅アート』は「つながる」ワーク。

 

描く楽しさが本来の自分を引き出し、
自分と新たな出会いをするワーク。

自分の中にある想いを
色とかたちに変えてあらわしていきます。


描くことは自分を大切に扱うこと。

描くことは自分に素直になること。

描くことは自分を抱きしめること。

 

 

 

描くプロセスで、自分でも気づかずにいた
本来の自分を見つけることでしょう。

 

 

わたしたちひとりひとりの個性や才能は

他の人と比べることのできないものです。

ともにワークをすることで、互いの違いから
そのことを実感できます。

 

 

 

自分の中にある「種」を丁寧に育て

花ひらかせることができるのはあなた自身。

 

わたしがわたしとして生きる。

 

曼荼羅がそのきっかけになることを願っています。

 

 

描く楽しさや深さ、面白さを
一緒に味わいながら
本来の自分に出会い直しましょう。