彩遊楽 〜色彩に遊び、氣を味わう。〜


彩・・遊・・楽・・と書いて、どんなイメージを感じるでしょうか。

目を閉じると、そこには豊かな色彩が楽しげに遊んでいる美しいハーモニーが感じられませんか?

私たちの誰もが持つ、それぞれの色彩。
それは心の色ともオーラとも、エネルギーとも呼ばれています。

その色彩を一人ひとりが、もっと心地よく表現して生きていけるなら・・。
世界はより鮮やかに、美しく輝くのではないでしょうか。

私には、これまで時間をかけて熟成させてきた二つの学びがあります。
一つは、「色彩の学び」。もう一つは、「氣功の学び」です。
二つの学びを深める中で、そのどちらもが私たちの感覚をひらき、命を育み、
そして、命の源へと繋いでくれるものだと実感してきました。


彩遊楽では、この「色彩」と「氣功」を通して様々な講座をお届けしています。
私たちが生まれながらに与えられた色彩という光を思い出し、この世界の本当の豊かさに
目覚めて行けるような学びと集いの場を作りたいと考えています。

そこには、目に見える「色」と、目には見えない「氣」という2つのエネルギーが豊かに集います。

「彩遊楽の色の学び」では、色彩を通して内なる本質の光に繋がってゆきます。
こどものように無心に色彩を楽しみながら、曼荼羅アートやパステル画を描きます。
手の動きにあわせて変わりゆく色に呼応かのするように、心の奥にあるものが表に流れ出て自然に絵が生まれます。
それは心の色模様、世界にたったひとつしかない、かけがえのないものです。

色の学びは、わたしたちが本来持つ資質をのびやかに開いてくれるでしょう。

「彩遊楽の氣の学び」では、誰もが生まれながらに持つ氣の感覚を高め、健やかな命の姿を思い出してゆきます。
氣功で日頃の緊張を解きほぐし、もともとの寛いだ自分へと戻っていきます。
そのとき生まれる安心感と静かさの中でみえてくるものは、思考を超えた深遠な世界。
そこで育まれるものが、わたしたちをあるべきところに流れのように運んでくれることでしょう。

私たち誰もが持つ、固有の色・・光。
色彩と氣功の学びが、自分本来の光へと確かに導いてくれます。
彩遊楽でどうぞあなたの本当の光を見つけてください。
あなたのその光こそ、この世界を照らす命の光なのですから。


彩遊楽  桑原美恵子